システム

system

 

 

WILL STUDY ウィル スタディ の学習システムをご説明いたします。

▲新コンピュータ個別学習システム 

 WILL(ウィル)トレーニング▲

 

 個別指導・集団授業を超えた「自立学習」へ導く

 新コンピュータ個別学習システム WILL(ウィル)トレーニング とは?

 

 完全個別により、弱点補強の基礎問題からハイレベル問題、中学・高校定期テスト対策、中学・高校・大学入試問題チャレンジまで、それぞれのレベルに合わせた学習トレーニングシステムです。コーチの指導の下に、コンピュータ支援の最新鋭システムを導入することで、全ての生徒に対応できる学習トレーニングを進めていきます。一人一人のレベル・ペースなどに合わせて独自に計画を立て、プリント学習を中心に進めていく新コンピュータ個別学習トレーニングシステムが、「WILL(=ウィル)トレーニング」です。単元毎の導入後、自分に合ったレベルの問題からスモールステップでトレーニングを進め、自分の力で問題を解き、「わかる」喜び、「できる」喜びを実感できます。説明されて「わかったつもり」になるのは、本当の学力ではありません。実際の試験で得点として表れる真の学力をつけるには、繰り返しのトレーニングが必要です。自分の力で取り組み、問題を解く力を養っていくことが、今後、目標を達成するための大きな鍵になってきます。自分から意欲的に学習トレーニングをする場としての「WILL(=ウィル)トレーニング」で、自分の可能性に挑戦してみましょう。

 

△君だけのための完全個別学習メニュー、そこにある課題を解決△

 「WILL トレーニング」は完全個別メニューで進みます。君の学力・目標に応じてぴったりのメニューを作るから、ムダがありません。また、コンピュータには、10万ページ以上もの問題がインプットされています。基本の確認から、入試レベルのハイチャレンジ問題まで、君の挑戦を待っています。

 

△スモールステップで無理なく学習、小さな「できた」が大きな「学力」へ

 1回の問題練習は10~15分。重要ポイントをぎゅっと濃縮したコンパクトな問題を解き、コンピュータの診断・判定に従って進めるのが「WILL トレーニング」。短い時間・少ない量だからどんどん進みます。「もう終わりなの?」と思わず声が出る頃には、学力ががっちりアップします。

 

△フリースケジュール&カリキュラム、好きな時間に好きなだけ学習

 部活動や習い事との両立も簡単。「WILL トレーニング」は、教科(※)・日程・時間の自由な組み合わせが可能です。週1日、1時限からの学習が可能です。急な用事で今日はちょっと…そんな場合も安心。同じ時間分のメニューを、都合のつく日に振り替えることも可能です。時間帯の変更や追加も大丈夫。

 ※下記よりお選びください。 

  小学3~6年生…算数・国語・理科(4年生以上)・社会(4年生以上)

  中学1~3年生…数学・英語・理科・社会・国語

  高校1~3年生…英語(英文法・長文読解)、数学(Ⅰ・A・Ⅱ)、国語(古文・漢文)、

          理科・社会全般

 

△小学3年生から高校3年生まで、学校の予習復習から中学・高校・大学受験対策まで

 小学校低学年には、漢字や計算のトレーニング。中高学年の予習復習はもちろん、中学入試の対策も可能。中・高校生のためには、定期テスト対策から国公私立高校・大学の入試対策まで。あらゆる学力アップに応じる個別メニューを作ります。

 

*「WILL トレーニング」は、コンピュータ個別学習システムですが、生徒がパソコンの画面上で学習するわけではありません。コンピュータは説明・問題・解答・解説のデータベースとして、また、各個人の学習進度と成績の管理、理解度と定着度の診断のために使用します。

*コンピュータに全ての学習記録が残りますので、定期的に学習記録を印刷し、保護者様にご覧いただきます。

*「WILL トレーニング」は、個別「学習」であり、[生徒1:教師1]、[生徒2:教師1]等で行う授業形式の個別「指導」とは異なります。

 

 

▲テキスト▲

 

△小学科・中学科

 塾専用テキストを中心に使用します。

 大手進学塾に勤務していた時代からの塾専用教材メーカーさん・塾専用教材代理店さんとの長いお付き合いもあり、豊富なカタログ・サンプル・現物の中より、生徒一人一人の学力・進路などに合ったテキストを厳選します。中学科の内申点対策は、教科書準拠のテキストが主となります。「自立学習」を進めやすいように解答・解説の詳しいテキストを、また、毎回の宿題範囲の定着度を確認できるように単元チェックテストが付いているものを採択するよう配慮しています。永年の経験を元に学習指導要項や入試傾向の変化をも踏まえて決め、WILL STUDY ウィル スタディ の指導として胸を張ってご提示できるテキストです。

 

△高校科

 1~2年生は、塾専用テキストを中心に使用し、2~3年生は、志望大学の入試傾向・出題パターン・難易度に合わせた市販参考書・市販問題集を加え、万全な入試対策を行います。「自立学習」を進めやすいように解答・解説の詳しいものを、また、毎回の宿題範囲の定着度を確認できるように単元チェックテストが付いているものを採択するよう配慮しています。なお、単元チェックテストが付いていないものについては、独自の小テストを作成します。市販参考書・市販問題集については、新刊・改訂版が出る頻度が高いですので、頻繁に大手書店に足を運び、使用効果が見込めるものは購入し、日々研究を重ねています。世に参考書・問題集が数多くある中、どれをどのように使っていくのかは、豊富な経験がないと見極めができません。

 

 

▲模擬テスト▲

 

△小学科

 小学5~6年生は、ご希望に応じて兵庫県版の模擬テストをお受けいただくことが可能です。

大手進学塾に勤務していた時代からの長いお付き合いのある業者さんのものを採択しています。問題が良質で、データが緻密で信頼性が高く、解答・解説が詳しいことが特徴です。 

 

△中学科

 中学3年生は4月・8月・1月、中学2年生は4月・8月・12月、中学1年生は8月・12月に兵庫県公立高校入試対応の模擬試験を当校にて(中学3年生1月のみ、学外での公開模試)実施いたします。各中学校内の偏差値、順位も大切ですが、学区内での位置付けや分析はその後の学習の方向性を明確にしてくれます。保護者様や生徒とのカウンセリングにてアドバイスさせていただきます。精神論だけの抽象的な内容の薄いカウンセリングはお互い時間の無駄です。大手進学塾に勤務していた時代からの長いお付き合いのある業者さんのものを採択しています。問題が良質で、データが緻密で信頼性が高く、解答・解説が詳しいことが特徴です。 

 

△高校科

 高校生につきましては、各高校にて受験される進研模試を大切にし、各回毎の結果を指導の参考にさせていただきます。3年生には、ご希望と必要に応じ、大手予備校などが実施する各志望大学別の模擬試験をお勧めする場合もございます。